HOME相続について

相続についてinheritance

変わる・受け継ぐ・引き渡す。渡す人と渡される人の円満相続を考えます

「相続」が「争族」にならないために

当事務所は、会計事務所として、金銭管理を中心にご相談に乗っていきます。

古くから提携している弁護士、司法書士との連携で、依頼主様のお気持をきちんと共有・代弁し、渡す方のご希望に合った、また渡される方の現状に合った「相続」を考えていきます。

相続税について

相続税が発生されている方へ

相続税が発生されている方へ

すでに相続が発生され、不動産の価値算定や、相続人同志の話し合いなどがスムーズに行かず申告が遅れている方、申告期日の厳守は大切です。

お困りの方は、当事務所の担当税理士にご相談ください。
難しい不動産査定や、控除額の計算などのほか、実際のご家族間の気持ちの整理を含め、的確なアドバイスをしてまいります。

将来相続税が心配とは感じない方、少し感じる方へ

将来相続税が心配とは感じない方、少し感じる方へ

企業オーナー様、個人様を問わず、持ち家など少なくない財産をお持ちであることは、日本では当たり前になりました。
ご自身は関係ないとお考えの方も、渡される方の立場でご覧になってはいかがでしょう。

不動産で渡される方、金銭で渡される方など、その財産価値や相続割合では割り切れないものが残りませんか?

そして、そこには税金が発生する場合もあります。
不動産を売買して納税となれば、印紙代など思わぬ出費もあります。
そのご用意はありますか? お子様方に託しますか?

「預貯金がなく不動産だけ…」とお悩みの方も、不動産に精通している担当職員がいる当事務所に、どうぞご相談ください。

必ず起こる相続を「正しい円満な相続」にできるのは、受け渡すあなたのお考えと、行動次第です。

相続税対策について

相続税対策について

一口に相続税対策と言っても、お一人おひとりの財産やご家族の人数、ご家庭の事情、事業をされている方(非法人)ならばその財産や負債なども大きく関わります。

まず、ご自身の資産財産を確認され、残されるご家族のお考えや立場などを聞いておくことが大切です。

とはいえ、それがなかなかできないのが現状ではないでしょうか。
特に、納税資金はすぐに必要になる現金であり、残すはずの不動産を手放すことにもなりかねません。

準備するか、別の方法にするか、税理士の専門的なアドバイスはきっとお役に立てると考えております。

相談の流れ

お電話で日時を打ち合わせ、一度事務所へお越しいただき、わかる範囲でより詳しくお話ください。
弁護士、司法書士が担当すべき内容には提携の専門家と連携させていただき、一連のご相談の窓口となります。

事業承継について

事業承継について

企業主様には、ご自身が礎を起こされた思いがおありのことですし、それまでの喜び苦心があることでしょう。
しかし、法人という別人格である以上、その思いの多くは託され、継承されるものは、資産という数字にほかなりません。

規約などがあればスムーズですが、同族会社などでは、お考えの共有化を含めて早期の「見える化」をすることで、事業の拡大につながる場合もあります。
もちろん企業の売買なども可能です。

法人化されていない個人事業主の皆様では、これまで資産を吟味しお仕事の技術を継承する方法もあります。
特にこの地域では伝統的な産業も多く、その技術を絶やさない努力も必要といわれています。

継承は「変わる」ことと同時に起こるといわれています。
それまでのノウハウの持ち主の引退が「変わる」大きな原因で、受け継ぐ側の覚悟と展望が鍵です。

どちらも、事態の数字の整理が基本です。

金銭という数字、事業規模という数字、そして続けていく未来が数字で読めているかと考えています。そういったご相談も承っております。

相続や相続税に関してよくある質問

京都市内に70坪ほどの自宅と、株や預貯金1,500万程度、1,000万ほどの生命保険があります。妻と同居の息子(妻あり、子どもなし)の相続税はどれくらいかかりますか?
一般的に…とお話したいところですが、あなたとあなたを取り巻く状況がもう少しわかった方が、よりよいアドバイスができると考えます。
ご子息にはお子様(あなたにとってのお孫さん)は、いらっしゃらないようですね。あなたから相続するとき、被相続人を奥様やお子様だけにすると、先々予想もできないことが起こる可能性もあります。そういった「家族」「血縁」のお話もお伺いしたいところです。
夫婦で洋品の個人店を経営してきました。3人の子どもに店を継がせるのはやめようと思いますが、整理の仕方や何をどう渡していいかがわからず、相談の仕方がわかりません。
お二人の今までのご苦労は充分に理解できます。本当にお疲れ様でした。
相続のことを今からお考えになるとき、3人のお子様の現状や、現在の立場を加味されると争族にならないことが多いようです。店舗などの整理は今のお店の体力などを数字で確認し、ご一緒に考えてまいりましょう。
不動産を多く所有し、相続が大変なのは予想できますが、どうしていいかわかりません。
この地域ではそういった方も多くいらっしゃいます。早期のご相談ならば、打つ手はたくさんあります。
相続税の申告と納付は時間との勝負。準備は今から余裕を持ってできる最大の対策です。住所や地目がわかるもの(固定資産税の内訳書など)をご持参ください。