資金調達・資金繰り

こんなことで
お悩みではありませんか?

  • 融資を申し込みたいが、審査が通るか自信がない
  • 事業拡大にともない、初めて資金調達を検討している
  • 将来的に融資を受けることを考えているが、今からやっておくことは?

  • 融資実行に繋がる決算書の作り方がわからない

  • 金融機関に納得してもらえる資金繰り計画を作りたい
  • 補助金・助成金の活用を検討している

など

このようなことでお悩みでしたら、融資に強い京都市右京区のIMC税理士法人へご連絡ください。

 

融資実行のために大切なこと

将来の融資に向けて日頃から準備

スムーズに融資を受けるためには、金融機関からの評価が得られる会計帳簿や決算書が大事です。

それらはすぐに準備できるものではありませんので、将来の融資に向けて日頃から準備しておき、スムーズな融資実行に繋げるようにしましょう。

当事務所では日々の会計・税務処理をサポートしたり、資金調達に強い決算書の作成をサポートしたりして、融資に繋がりやすいような環境を整えます。

資金調達に強い資料を作成

融資で特に重要となるのは決算書だけでなく、事業計画書や資金繰り計画表も必要です。

ただ資料を作成して提出するだけでなく、金融機関が融資しやすい資料を作成するために融資に強い税理士が、お客様の事業の業績などを詳しく把握したうえで、どのような資料が効果的か適切に見極めて融資に繋げさせていただきます。

 

 

信用される資金繰り計画を提出

金融機関は「融資したお金が本当に返って来るか?」ということをポイントに融資を検討しますので、中長期的にわたる資金繰り計画の提出が求められる場合があります。

この時、現実的な計画を内容に落とし込まないと金融機関からの信頼は得られないと言えますので、専門家である税理士へご相談いただき、アドバイスを受けながら信用される資金繰り計画の作成・提出を目指すようにしましょう。

 

金融機関からの融資をお考えの方へ

 融資に強い当事務所へご相談ください

京都市右京区のIMC税理士法人は地元・京都の大手金融機関との連携が強く、

経営において金融機関との付き合いは欠かせないものですが、特に京都は地元愛の強い土地ですので、地元の金融機関とのこうした繋がりの深さは経営者にとって大きなプラスとなるはずです。

融資の実行もそうですが、そのスピード感も経営者が心配されるところで、当事務所では融資までのスピード感が違いますので、その点でもご満足いただけると思います。

中小企業の“ホームドクター”として、税務や経営など幅広い問題にお応えいたしますが、なかでも融資は経営者の頭を悩ませる問題ですので、“融資に強い税理士事務所”へご相談いただきスムーズな融資実行を目指すようにしましょう。

当事務所は“経営革新等支援機関”です

IMC税理士法人は国から“経営革新等支援機関”としての認定を受けており、当事務所から経営支援を受けることで、信用保証協会の保証料を引き下げたり、創業促進補助金などの各種補助金の申請を行ったりすることができるようになります。

また日本政策金融公庫などからの融資の金利を引き下げることが可能で、様々なメリットがあります。

× 新型コロナ 経営支援情報・資金繰り対策コーナー
top

お気軽に
ご相談ください

“人と人との
コミュニケーション”を
大事にして、

税務に限らず様々なご相談を承って皆様の経営をサポートさせていただきます。

  • TEL:075-881-5735
  • お問い合わせ

相続相談サイトはこちら