60分相談無料075-881-5735
ホーム > 資金調達

資金調達

企業にとって重要な資金調達。その方法はさまざまですが、企業の成熟度合いや経営状況などにより選べる方法が異なってきます。
あなたの企業に最適な資金調達プラン、あるいは、あなたの企業が希望する資金調達方法を、どのようにしたら実現できるかを提案いたします。

資金調達の方法

資金調達の方法には様々な方法があります。


長期的に多額の資金を調達するための方法です。ですが、手続きが煩雑なため、通常の社債を中小企業で発行することはほとんどありません。
そこで、中小企業向けの“少人数私募債”という方法があります。社債と同じような仕組みですが、手続きが比較的簡単なため、資金調達や節税対策に有効な手段です。


銀行や日本政策金融公庫等から融資を受けることです。融資を受けるためには、さまざまな条件を満たしている必要があります。あなたの会社が現状で借入ができるかどうか、できない場合にはどうすればできるようになるかなど、私共がトータルでサポートいたします。


新株を発行し、増資をする方法です。増資額の見極めや、増資に関する手続きなどをお任せいただけます。


利益から、配当金や役員賞与、租税などの社外流出分を除いたものを社内に留保することです。
法律で決められた利益準備金や、企業の意志で決める任意積立金会計の制度を利用し、実際のCashが社内に留保できるよう提案いたします。


助成金は資金調達手段のなかでも最も有効な手段です。要件さえ満たせば国からお金がもらえ、返さなくても良いからです。 助成金には雇用や労働環境に 対して支払われるものや、研究開発が対象となるもの、地域活性化を支援するものなどさまざまな種類があり、それぞれ管轄している行政が異なっているのでわ かりづらい一面があります。
あなたの企業をどのように変化させれば、どこからどういった助成金を受け取ることができるかといった提案をさせていただきます。

あなたの企業の状態によって、最適な資金調達方法は変わってきます。資金調達方法を間違えてしまうと、のちのちの経営にも大きな影響を及ぼしてしまうので、まずは当事務所にご相談ください。

事業計画

資金調達といっても、目先だけを考えて闇雲に資金を集めればいいというものではありません。
あなたの企業が、これからどのような成長過程を経ていくかによって、資金調達のタイミング、方法、金額などが全く異なってきます。
裏を返せば、明確な事業展開のビジョンが無いままに資金調達をすることは危険だということです。
また、金融機関や公庫も、しっかりとした事業計画が無い企業には融資をしてくれません。
そこでまず、現実的で堅実な、短期・中期・長期の事業計画を設定する必要があります。
以下の3つが、基本として押さえておくべき項目になります。

  • 顧客への対応計画、顧客満足度の目標設定
  • 社員への対応計画、社員満足度や成長の目標設定
  • キャッシュフロー計画、資金繰表の作成

これらの他に、企業の状態や経営者の考えなどにより、さまざまな計画が必要となってきます。
「我が社はすでに事業計画を設定している」
という場合にも、それが現実的に可能なプランなのか、見落としは無いのかなど、チェックすべき項目はまだまだあります。
それらを当事務所にお任せいただけば、あなたの気苦労はグッと割愛されます。
お気軽にご相談ください。

助成金

助成金とは、条件を満たすことで国や公的機関から支給される資金のことで、返済義務はありません。
助成金の良いところは、返済の義務がないことのほかにも、条件を満たして所定の手続きをすれば給付されるというところにあります。
ところが、なかなか全てを把握することは困難であったり、手続きに人員を割く余裕が無いために助成金を受けとっていない企業が多いのが現状です。
あなたの企業でも、もしかしたらチャンスを逃していませんか?

助成金の種類

大きく分けると、助成金には以下の種類があります。
研究開発や新規創業、新分野進出に関わる事業のもの
雇用や労働条件に関わるもの(雇用創出に関する助成金、研修費用を補助する助成金など)
地域の産業や商店街を発展・活性化させるためのもの(整備のための助成金など)
助成金のチャンスを逃していませんか?
助成金は種類も豊富で、さまざまな場面において受け取るチャンスがあります。
たとえば、それぞれ条件はありますが、会社設立時だけでも

  • 受給資格者創業支援助成金
  • 中小企業基盤人材確保助成金
  • 地域創業助成金
  • 高年齢者等共同就業機会創出助成金
  • 介護基盤人材確保助成金

これだけの助成金制度があります。
当事務所では、あなたの企業でどういった助成金を受け取ることができる可能性があるか、どうしたら受け取ることができるかなど、総合的にプロデュースさせていただくことができます。
まずはお気軽にご相談ください。