60分相談無料075-881-5735
ホーム > 社会保険労務士業務

社会保険労務士業務(石原享子社会保険労務士事務所)

経営の安定と働く人々の福祉の向上のために
社会保険労務士法に定める業務全般につき、健康保険・厚生年金・労働保険・その他社会保険、年金のあらゆる問題について、石原享子社会保険労務士事務所があたり、満足いただけるサービスをご提供します。

年金の試算、受給手続き、申請の代理代行その他年金に関する相談および成年者後見人についての相談・援助をおこなっています。

社会保険労務士の業務について

社会保険労務士が取り扱う仕事は、大きく分けて1号~3号業務の3つがあります。
中でも、1号業務と2号業務は、社会保険労務士だけに許された独占業務で、社会保険労務士でない人が、報酬目的で行うことは禁止されています。

1号業務

[関係書類の作成業務]

  • 行政官庁に提出する届出書、申請書、報告書、審査請求などの書類を作成する業務。
  • 企業の就業規則、労働者名簿、各種労使協定、賃金台帳などの書類を作成する業務。

2号業務

[代理・代行業務]

  • 1号業務で作成した申請書などを、社会保険労務士が事業主に代わって、行政官庁に提出。
  • 事業主に代わって、行政官庁に対して陳述、要望、主張などを行なう。

3号業務

[相談・指導業務]

いわゆる労働コンサルティングといわれる業務で、人事や労務に関する相談や指導、アドバイスを行ないます。
社会保険労務士の能力が一番発揮できるジャンルで、今後の社会保険労務士の業務の、大きな柱になってきます。